検索
  • 菊池捷男

6.多様性は、管見とバイアス(偏見・先入観)を忌む

管見とは、管(かん)を通して世界を眺める見方をいいます。広い世界がまるで見えない狭量な考えをいうのです。

管見の持ち主は、容易にバイアス(偏見・先入観)の虜にされ、井の中の蛙か、鳥なき里のコウモリになり下がるように思います。多様性が、最も忌むものは、管見とバイアスであると考えます。

私など、不遇に見舞われたときや、弱気が心に棲(す)むようになったとき、人をうらやみ、人を批判し、管見の管をさらに細くして、バイアスの穴に逃げ込む癖がありました。否、今でもこれがないわけではありません。

しかし、ロータリーに入会させていただいたおかげで、少しはよくなったような気がいたします。

このわが身の経験から、言えることですが、人は、ときに、口角泡を飛ばして何かを発言するとき、ふっと我が身を顧みるがよいと思います。

管見が嫉妬を生み、疑心暗鬼を生み、心の中に嵐を巻き起こしていることが、冷静に判断できるようになるのではないかと考えるからです。

そのときは、多様性の実践論である、誉誉褒褒とプラスの言葉を実践することが大切だと思います。

今まで、何某氏について、“毀毀(きき)貶貶(へんへん)”した(わが造語です)言葉を、裏返して、“誉誉褒褒”に置き換えるのです。それをすると、世界が広くなり、バイアスの呪縛から解放されることは間違いないと考えます。

少なくとも、心穏やかならざる状況に置かれたとき、「多様性」って言葉があったよなあ、とつぶやくだけでよいと思います。

そうすると、懸河の弁よろしく、とうとうと「多様性」の流れが現れ、それに棹さすだけで、広い世界が広がってくるように思います。

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

10.親睦と多様性

直前まで、激しい意見の対立を見、合意に至らなかったことが、食事会を開き親睦の機会をつくったことで、合意に達した例があります。 次に挙げる例は、実に厳しい国家間の意見の対立が、食事会をした結果、解消した例です。 1941年に、イギリスとソ連の首脳間で、対独戦をいかに戦うかについて、三日間、討議・激論が戦わされましたが、結局決裂しました。しかし、奇跡が起こります。それは、その直後に、ソ連側からイギリス

9.庭訓や経営理念(哲学)こそが七歩の詩

ロータリアンには、高い倫理観をもって今を生き、先を見るに敏なる人など、若い人たちの師表と仰がれている人が、実に多くおられます。 そのような人たちは、家憲や庭訓(ていきん)、社是、社訓などを掲げ、生き方ないし哲学、あるいは経営理念を明らかにしているのです。 そのような人たちの語る庭訓や経営理念には、ときに箴言〈神の啓示〉ほどの、ときに名言として、多くの人の胸に刻まれているものがあります。 ロータリー

8.職業奉仕と七歩の詩

ロータリーでは、「職業奉仕」が極めて重要です。その重要さゆえに、早くから「道徳律」が定められ、「四つのテスト」を毎例会で唱和しているのです。 しかし、ロータリー章典に書かれた「職業奉仕」は、「あらゆる職業に携わる中で、奉仕の理念の実践をロータリーが培い、支援する方法である。」(ロータリー章典8.030.1)ですが、私は、職業奉仕を、”自分の職業を行うあらゆる段階において最高の倫理の筋を通すこと”と