検索
  • 菊池捷男

1.ロータリーは、多様な、大廈の材の淵藪

大廈(たいか)の材は一(いっ)丘(きゅう)の木にあらず」という言葉があります。


意味は、宮殿のような大きな建物は、その辺りにある小さな山(丘)の木でできているわけではないというものですが、ここから転じて、大をなす組織は必ず、大廈の材すなわち多くの優れた人材によってつくられるのだという意味になります。


これを歴史に求めますと、項羽と劉邦の戦い(別名:楚漢の戦い)における劉邦軍、すなわち漢帝国を興した人材に見られます。ここには張良がいて、韓信がいて、陳平や蕭何その他、多様性に富む多くの人材が集まりました。彼らの能力や職掌(ロータリーでいう「職業分類」に相当)はそれぞれ違います。


大局観をもった戦略家の張良、軍事の天才であった韓信、謀略線に長けた陳平、それに軍需物資と兵の徴募と民政を専門にした蕭何等々、それぞれ持っている能力が異なっているのです。


劉邦軍は、まさに多様性を絵に描いたような人材の淵藪(魚が集まる淵・鳥獣が集まる藪と同じく、物資や人材、その結果としての文化が集まる場所)をなしていたのです。

私が、ガバナーへの道を歩かせていただくようになって、地区内外の多くのロータリアンたちと親しくなりましたが、ロータリーも、まさに大廈の材の淵藪、という感を強く持ったものです。


なお、次の補説で、ロータリーの人材の多様性と比肩できる、楚漢の戦いに見られる大廈の材から二人を選んで、二人がいかなる大廈の材であったかを紹介いたします。


なお、楚漢の戦いに勝利した劉邦については、その人物像が茫洋としてよく掴めません。

ただ、書「孫子」に書かれた次の言葉の「君」であったことは間違いなさそうです。

ですから、劉邦もまた大廈の材の一人なのでしょう。


「将の能にして、君の御せざる者は勝つ」(意味:有能で、君主からなんら誓約されない将軍は、勝利する)

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

10.親睦と多様性

直前まで、激しい意見の対立を見、合意に至らなかったことが、食事会を開き親睦の機会をつくったことで、合意に達した例があります。 次に挙げる例は、実に厳しい国家間の意見の対立が、食事会をした結果、解消した例です。 1941年に、イギリスとソ連の首脳間で、対独戦をいかに戦うかについて、三日間、討議・激論が戦わされましたが、結局決裂しました。しかし、奇跡が起こります。それは、その直後に、ソ連側からイギリス

9.庭訓や経営理念(哲学)こそが七歩の詩

ロータリアンには、高い倫理観をもって今を生き、先を見るに敏なる人など、若い人たちの師表と仰がれている人が、実に多くおられます。 そのような人たちは、家憲や庭訓(ていきん)、社是、社訓などを掲げ、生き方ないし哲学、あるいは経営理念を明らかにしているのです。 そのような人たちの語る庭訓や経営理念には、ときに箴言〈神の啓示〉ほどの、ときに名言として、多くの人の胸に刻まれているものがあります。 ロータリー

8.職業奉仕と七歩の詩

ロータリーでは、「職業奉仕」が極めて重要です。その重要さゆえに、早くから「道徳律」が定められ、「四つのテスト」を毎例会で唱和しているのです。 しかし、ロータリー章典に書かれた「職業奉仕」は、「あらゆる職業に携わる中で、奉仕の理念の実践をロータリーが培い、支援する方法である。」(ロータリー章典8.030.1)ですが、私は、職業奉仕を、”自分の職業を行うあらゆる段階において最高の倫理の筋を通すこと”と