検索
  • 菊池捷男

(補説)楚漢の戦いで活躍した大廈の材の二例

張良の場合

項羽軍と劉邦軍が、まだ秦を討つための友軍であった時期のことです。


秦の都・咸陽へは、先に劉邦軍が入ります。それを知った秦の3世・子嬰は、劉邦のところまで「城下の誓い」(城を明け渡して降参する意味)にやってきます。このとき張良は劉邦に、子嬰を殺すこと、阿房宮に入って財宝を奪うこと、および阿房宮の後宮に住む女性に触れることを、禁じます。


このことが、歴史に有名な鴻門の会(項羽が劉邦を殺すために呼び出したときの会)で、劉邦の命を救うのです。


韓信の場合

その後、項羽と劉邦は袂を分かち、両者の間で、乾坤(けんこん)(天下)をかけた長い戦いが始まります。

やがて、最後の戦いの時がきました。項羽が率いる楚軍は、劉邦が率いる漢軍を、鎧袖一触で破り、激しく追撃します。漢の軍勢は、四分五裂になって、垓下(がいか)にまで落ちていくのです。項羽は、今度こそは劉邦軍を追い詰めたと考えたのですが、なんぞ知らん、項羽が劉邦を追い詰めたと思った垓下こそ、韓信があらかじめ漢の兵を埋伏させた、項羽のために設けた死地だったのです。


その地で、劉邦軍は、項羽軍に対し、「四面楚歌」の策を施します。

すなわち、楚の歌を教えこんだ漢の兵士に、それを連日連夜、項羽軍に向かって、歌わせるのです。これにより、項羽軍は、故郷である楚の地がすでに漢に支配されたと勘違いをしたうえ、深夜、四方から流れてくる哀調を帯びた懐かしい故郷・楚の歌を聴き、望郷の情もだしがたく、脱走が相次ぐ結果になりました

その状況を目に見て、項羽は、愛する虞姫に向かって、「力は山を抜き、気は世を蓋う。時に利あらず騅(すい)(項羽の馬の名)ゆかず。騅のゆかざるをいかにすべき。虞や虞や汝をいかにせん。」と慨嘆久しくするのです。


最後は、虞姫が項羽の剣を持ち、最後の舞を舞い、自刃し(その血の中から咲いたのが虞美人草といわれています)、項羽は劉邦軍の雲霞の中へ突撃して生を終えるのです。


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

10.親睦と多様性

直前まで、激しい意見の対立を見、合意に至らなかったことが、食事会を開き親睦の機会をつくったことで、合意に達した例があります。 次に挙げる例は、実に厳しい国家間の意見の対立が、食事会をした結果、解消した例です。 1941年に、イギリスとソ連の首脳間で、対独戦をいかに戦うかについて、三日間、討議・激論が戦わされましたが、結局決裂しました。しかし、奇跡が起こります。それは、その直後に、ソ連側からイギリス

9.庭訓や経営理念(哲学)こそが七歩の詩

ロータリアンには、高い倫理観をもって今を生き、先を見るに敏なる人など、若い人たちの師表と仰がれている人が、実に多くおられます。 そのような人たちは、家憲や庭訓(ていきん)、社是、社訓などを掲げ、生き方ないし哲学、あるいは経営理念を明らかにしているのです。 そのような人たちの語る庭訓や経営理念には、ときに箴言〈神の啓示〉ほどの、ときに名言として、多くの人の胸に刻まれているものがあります。 ロータリー

8.職業奉仕と七歩の詩

ロータリーでは、「職業奉仕」が極めて重要です。その重要さゆえに、早くから「道徳律」が定められ、「四つのテスト」を毎例会で唱和しているのです。 しかし、ロータリー章典に書かれた「職業奉仕」は、「あらゆる職業に携わる中で、奉仕の理念の実践をロータリーが培い、支援する方法である。」(ロータリー章典8.030.1)ですが、私は、職業奉仕を、”自分の職業を行うあらゆる段階において最高の倫理の筋を通すこと”と